2017年9月17日日曜日

喜び

 今、英語の生徒が帰ったところである。素晴らしい気分だ。
今までやってきた時間が報われるとは、このようなことを言うのだろう。

 彼女は中学の途中からうちにやってきた。ほぼ全く何もわからぬ状態で。英語を話すことに中心を置くという公立きっての斬新な教育を行う学校の中で、多くの生徒が成果を上げる中、彼女は全くもって落ちこぼれてしまっていた。話すこと中心なので、恐らく一般の公立よりさらに文法の説明もないと思える。というのもいくら英語が出来なくても知っているだろうと思われる用語を何ひとつ知らなかったからだ。

 そして今日、関係代名詞の授業で、下記の英作文を口頭でスラスラと頭から言うことが出来た。素晴らしい!!彼女を見ながら全く夢のような気分であった。

①私はあなたをよく知っている人に会いました。
②私が昨日読んだ本はたいへんおもしろかったです。
③私たちは、家からほんの数百メートルのところにある公園で、その犬を見つけました。
④あれは新しいデザインで有名な建物です。
⑤彼女はそのフランス語の歌が上手に歌えたただ一人の少女でした。
⑥彼がアフリカから母親に送った最期の手紙がここにあります。

彼女もこんなに難しそうに一見みえる問題が、自分の口から英語で出てくることに驚いていた。終わって二人で喜んだ。これはおばちゃんツイッターに書くよ!!?と言ったら笑って喜んでくれた。

 自分が全くわからずかつ落ちこぼれていたことをわかっているのは彼女自身である。基礎の基礎もわからぬ彼女にひたすら文法の骨格を教えこみ、中学あたまから順を追ってしらみつぶしに学習してきた。お母さんからは『この子はよくわかる子』と聞いていたのだが、最初の2年はとにかくゆっくりだった。理解するのもゆっくり。解くのもゆっくり。何もかもがゆっくりだった。

 それが2年を過ぎてから『ん?この子、実はめっちゃ理解力ある?』と気づいてきたのだ。恐らく英語に対する理解が一定量溜まってきたのだと思う。そこからの加速がすごい。

 ここ近日、現在完了、分詞の形容詞的用法と濃密に精度高く仕上がっていた。

 教える時に彼女は私に要求した。『先生の解説を出来る限りして下さい。細部にわたる全部。私は解説が多ければ多いほど嬉しい。全体が見えた方がわかりやすい』解説はどっちみちするのだが、生徒側からの要求は意外だった。なので解説する。遠回りなのをわかっていても、しらみつぶしに色んなことをやっていく(中身は説明するの大変。割愛)そしてしばらく、決して短くない時間、彼女はじーーーーーーっと教材を眺め一人で学習する。そして教材ができるようになったら、一般の問題集を解いていく。一気にノーミスで。

 彼女の解いている時の言葉そのものから、これは単に言っているだけではなく本当に英語がわかって言っているのがわかる。夢のようだよ?2年前まで英語なんて皆無中の皆無だった子がだよ!?

 今日はこの子の節目の日である。感無量。


2017年9月16日土曜日

Becauseの後で間を空けない。orderedのフラップT

今までにifの後whenの後で間を空けないようにという話をしてきましたが、Because it was raining, I oredered some pizza.などを言うときのBecauseのあともifの文と同様間を空けがちです。その方が言いやすい、Becauseの文を言っている気持ちになれるなど理由があると思いますが言いたいことのメインとなる表現はその先にある場合がほとんどでBecauseのあとに間を空けずに言えるようになると気持ちと英語が一致しやすくなります。
またorderedを言うときのdはアメリカ英語においてはフラップTを使うことが少なくありません。これに関しても解説しています。そして、ordered someのつながり、dとsのところではツのような音が形成されます。このつながりに関しては発音教材のVol. 39で詳しく解説しています。


2017年9月15日金曜日

優秀なビジネスマンであっても

 今、朝、出勤前のビジネスマンの方の授業を行っている。朝7:30からなのでかなりキツイが、出勤前にやるというのも良いアイデアと思う。普通週1回2時間のところを、月~金の早朝に1時間・週末に1時間と小分けにしてレッスンする。

 この方は、3月ぐらいに突然アメリカ(LA)から連絡があり、現在まだLAで仕事をしているが、もうすぐ帰国するので、帰国したら”すぐ”にみてほしい、つまり授業を行ってほしいというお願いをしてきた。そして帰国後連絡をもらうのだが、帰国直後からという急ぎぶりが印象的であった。

 理由をきくと、LAで仕事で日本から送られ2年間ずっと向こうにいて、最初は全く喋れず大変であったとのこと。しかしながら仕事のプレッシャーと責任、また現地で日本語話す機会もゼロ・2年間帰国は1回、などの状況もあり、喋れるようになった、、、、が、、、、じゃあ良いではないか?という話なのだが、実際には発音で多くのご苦労をされたとのこと。

 自分は相手が言っていることは全てわかっているのに、『こんな奴を担当につけて良いのか』『本当に意味がわかっているのか』など、失礼な発言を目の前で受けることたびたび。自分に言うというより、他に向かって、『こいつは大丈夫か』と言われてしまう状況であったとのこと。自分が英語がわかっているのに、わかっていないように相手には受け取られてしまう。そのような状況もあり、自分なりに現地で発音の本を書い勉強はしてみたが、どうもしっくり来ない。それで習いに来たいというのだ。

 2年前のTOEICのスコアが840あたり、帰国後940。しかしいくらTOEICのスコアが上がっても、発音となると全くわからないのが現状である。急遽レッスンを始めることになり、現在その方の早朝授業を行っている。
 
状態は改善はしつつあるが、本当に易しい中1レベルのことですら自分が言えない音が多く有る、つまり『かなり難しい!!』ということがわかり、目からウロコというか、かなり真剣に真摯に日々取り組んでおられる。音には中1も何も差は無いのだが、そこからのまずは気付きで、あまりにも簡単な単語の発音すらわかっていなかった、出来なかったこと自身に、ご自身で気づいておられる状況だ。

 ちなみに本日行ったのが、children /These children are from Tokyo. / Are Emi and Nancy sisters? / Those girls and I are very busy on Sundays. / She's our English teacher. / softly / friendly など。これらの音の中にどれだけの気付きがあることか、、、ほとんどの日本人の方は気づいていない。特に最期のsofty, friendly は難関中の難関である。自分は英語が出来ている、とたかをくくらず、音に関しては全く別物と、真摯に学習して欲しい。

2017年9月13日水曜日

英会話

 英会話を教えるという漠然とした何かより文法と発音に範囲を限定することで確実な成果を得ることの方が私には大事だった。それは英語は文法と発音で出来ているため、それらがわからなければ本人の英語の質そのものも落ちるので、まずはその2つを芯から理解する、というのが最大の優先事項であった。

 英会話ってそもそも何?
たとえいくらお金を積んでどんだけ事前に必死に勉強していたとしても、いざとなって『あ、、、、』と話せなければ、『やっぱり話せないじゃん』となってしまう。それが教えてる私の責任になるのはたまらなく嫌だった。成果の出ないものにお金をもらう重責に耐えられなかった。
だから英会話だけはタダでやった。そのかわり、やったからってすぐに話せるようにはならないよと。


実際に25年近く、月1回ずっと今もタダでやり続けている英会話のクラスがある。
私として何か努力をしているかと問われると、何もしていないに等しい。英語で何か最近思ったことなど何でも話してもらい、出来なかった表現や文法や発音などをメモり、さっと説明し理解してもらうぐらい。
お金ももらわないことで責任からは解放されており、いたってのんびりとした授業である。
たまに『藤井さん、普段教えてるようにやってよ~』とお願いされるが、いざやってみると、『もういいわーーしんどいわーー』とギブアップされる。つまり私が普段やっている授業は意図せずとも相当こんこんとした厳しいものらしい。

 教師は生徒に出来るようにさせることが仕事であり、そういう意味では私は厳しいかもしれないが、私から言うとそれは優しさと責務なのだ。
多くの場合先生は言いっぱなしだったり、肩書きに物言わせてたりする。私は子供の頃から先生は好きではなかったので、そういう本当に生徒を出来るようにさせることの出来ない人は教師ではないと思っている。肩書で先生になれるわけではないのだ。
私は出来ない限りイエスと言わない。出来ていなければほめない。それは出来るようになって欲しいからだ。出来なければ何とか試行錯誤し一生懸命教え続ける。でも最期出来るようになった時は本気に一緒になって喜ぶ。本当に嬉しいから自然な言葉として出る。『ほめる』とはちょっと違う。
生徒がわからないのは教師の責任だ。教え方が悪いから生徒はわからない。わかるように教えることを学ばねばならないのは教師側なのだ。そうするからこそ必死に模索し、あらゆる生徒に対応出来る教え方が編み出され、自分の教え方が確立していく。そしてまたわからない生徒に出逢えば再度頭をひねる。

 最近そんな私に挑んでくるある生徒が現れた。私があれほど『やらない』と言っている英会話を『話せるようになりたい』と熱望し訴え続けてくる。なかなか引き下がらない。そして私は屈し、この方のために今まで自分が避け続けていた英会話を教えるということについて、考えざるを得なくなった。
その方にはしばらく待って欲しいとお願いをした。

 英会話を教えるしんどいところは『ゆっくりわかるように話さなければならないこと』である。
私は日本語でも早口だし、英語でもバババーッと喋る。
ゆっくり話す行為とは、ご高齢の方々とお話しするのととてもよく似ていて、
相手のわかる表現や文法の範囲を瞬時に判断しつつ、その範疇内で、かつゆっくりめに聞き取れるように発音して喋らねばならず、制限されとても疲れるのである。これも私が英会話を教えない別の大きな要因だ。

 数ヶ月間悩み続けた。
いくら考えても、『お金をもらうとは目に見える確実な成果を上げること』=『英会話』というものが自分の中で結びつかなかった。
話すって何?どうやれば人を話すようにさせることが出来るの?いくら学んでも話せない人は話せないじゃない?どうしたらいいの?頭の中はハテナで一杯で完全に追いやられていた。

 私は幸運にも、偶然『発音・文法・話す能力』の3つを持ち合わせていた。
その中の『話す能力』とは人に教えれるものではないのだ。
私にとってそれは何かと聞かれれば、『頭の中の真っ白な状態から何の躊躇もせず瞬時に物事(言葉)を引き出していく力』である。
日本語でも同様である。今、私はあることを思いながらこれを書いているが、書いている間、次に書くことは言語化されておらず漠然と『思い』という形で心の中に存在している。
それを言葉に出す瞬間に、日本語という言語を通して外に出していくのだが、その瞬間は理屈などではなくほぼ無意識に瞬時に色んな判断をしている。英語も同じだ。考える前から喋っているというのがその表現にふさわしい。
私の場合はネイティヴではなく確かに第二言語なのだが、子供が言語を覚えるように、人から何故英語が話せるの?と言われても、自分ではわからないとしか言いようがない。考える前から口にどんどんついて出てきて、使っていないから忘れるということもない。いつも体の奥にある。

 自分が無意識に行っていることを一体どうやって人に教れるの?謎は大きくなるばかりで、数ヶ月間答の無いままモヤモヤの中を進んで行った。

 そしてついにこれだ!!と思えるやり方に到達した。
そして先日、ついにその方法でその生徒に実施したところ、大きな満足を得てもらうことが出来た。当然私もだ。
試行錯誤して良かった。これで私も英会話をお金をもらって行うことが出来る。
私自身もゆっくり話すことなく苦痛なく、表現はややわかるようにコントロールはしたが、1時間30分ほぼ英語のみで中身のある会話を行うことが出来た。日本語で友達と話すのと同様、筋書き無しで話はどんどん面白い方に進めていく。
正しい表現や文法は一応メモって渡したが、勉強ではないので覚える必要もなく忘れていいよ、と言って渡した。
『話すことそのもの』『どんどんと面白い方向に話を進めていくこと』に集中したとってもいい授業だった。

 これからの私は『英会話を教えて欲しい』と言われれば素直に応じるだろう。自信が出来た。
彼がいなければ私の何十年ものスタンスを変えることは無かっただろう(英語を教え始め実に35年である)。
まさに新しい境地で、35年も英語を教えてきて、今だ日々試行錯誤し変わり続けられることが嬉しい。

 その生徒さんが今日フェイスブックに、お願いもしていないのに、自ら私の紹介文を書いてくれた。涙が出た。

 この生徒さん、実に明るく、いつも2人で大笑いしながらの授業なのだが、ご本人はこの間私が何をどう悩んだか想像することもなく、ハッピーにのんきにいることと思う。でも会話の授業に光が見え喜んでくれていることと思う。

2017年9月8日金曜日

whenの後で間を空けない。startedのフラップT

前回はifで始まる文を言うときにifの後で間を空けないようにという話をしましたが、今回は同様のことがおこりがちなwhenについてです。例えば、
When I went out, it started to rain.
などを言うときのWhenのあともifの文と同様間を空けがちです。その方が言いやすい、whenの文を言っている気持ちになれるなど理由があると思いますが本当に言いたいことはその先にある場合がほとんどでwhenのあとに間を空けずに言えるようになると気持ちと英語が一致しやすくなります。

またstartedを言うときのtはアメリカ英語においてはフラップTを使うことが少なくありません。これに関しても解説しています。


2017年8月22日火曜日

Ifのあとで間を空けない、won'tとwantの発音の違い

If で始まる文を言うとき、例えば
If it's raining tomorrow, I won't go out.
と言うときにifのあとに間を空けがちです。これにはIfだけ独立させておく方が、相手にもIfであることが伝わりやすいのではないかという思いや、自分自身が次に文章を言う前に気持ちの準備が出来るなど様々な理由があると思います。
しかし、実際には多くの場合、Ifのあとは間を空けずにそのまま次に進むべきで、そうすることで聞き手にも聞きやすくなります。また話し手の気持ちとしても、上の文の例で言うと言いたいことはrainingなわけですからIf it’sに時間を取ってしまうとなかなか肝心の言葉に到達しないもどかしさが生じますが、Ifのあとを空けずに一気にrainingまで到達できるようになれば話すときの気持ちと言葉が一致しやすくなります。

また、動画内ではwill notの短縮形であるwon'tとwantの発音の違いも解説しています。


2017年7月31日月曜日

音と音のつなげ方 [t][d]の後の[s][z]

前回までで個々の音の学習を終えましたので、今回のボリューム以降は音と音のつなげ方をメインに解説します。つながりがわかることで聞き取りやイントネーションが向上します。
itselfや文章でI met some people. と言うときtとsのつながりとのころで「ツ」のような音が聞こえます。これを発音するときにそれぞれの音をはっきり出そうとすると口の動きが忙しくなりますし、最初からカタカナの「ツ」を狙って出すのも正しい音が出ない可能性がありますし、そもそもそこにあるのはあくまでもtとsですのでそれを意識する必要があります。
このレッスンでは[t][d]の後に[s][z]があるときにどのように音を出したら良いか、その練習方法を解説しています。出来ていなくても伝わる英語を話すことは可能ですが、このような細かいところが出来るようになると話しやすくなります。

2017年6月10日土曜日

lの発音パート5 sleep, little, athletic, など

注意深くsleepの音を聞くとsからlに行くときに小さな破裂音のような音が聞こえます。正しく音を作った際にはこの音は聞こえるべき音なのですが、では、なぜこのような音が発生するのかを解説しています。
そして、その音の応用としてlittle, sadlyなどのようにtやdのあとにlが来る際の発音の仕方も解説しています。これはtやdを発音するときに一度舌先が口の天井から外れてしまうと、やや忙しくなってしまうので、では、どのようにして楽に発音するのかという話なのですが単語だけでなく、
I'd like to 〜
のように文章、つまり単語と単語のつながりの部分でも必要になる方法です。
また、athleticのようにthの後にlが来る際にはthの音を出すために下を歯の間から抜いてしまうと、次のlに行くのがまた大変になってしまいます。このときの方法も解説しています。こちらもまた
Mr Smith learned it.
のように文章にも重要になる方法です。


2017年5月23日火曜日

lの発音パート4 girl, Carlの発音、他

girlの実際の音はカタカナで書く「ガール」とは聞こえず、もう少し「ガーラ」とか「ガーロ」に近い音に聞こえると思います。では、実際にこの単語の最後に聞こえる音はどのように出ているのか? を、今回は解説しています。これによって同種のcurl, pearlが発音出来るようになります。タイミングは異なるのですがearlyやworldなどは同じ口の動きをしますので、これについても解説しています。
また、Carl(男性の名)の音の解説も行っていますが、これは同じく今回学習するcurlとの違いも解説しています。
販売ページはこちらです。


2017年5月6日土曜日

生徒さんからの日本語と英語による藤井Atchan紹介スピーチ

生徒さんの一人から動画によるコメントを頂きました。藤井 Atchanがどんな先生かを語っていただいてます。レッスンでは文法を学び、現在は発音をやっています。そして最近受けたTOEICでは、特にTOEICのための勉強をすることなしに905点だったそうです。
動画では最初に日本語、次に英語で話していただいています。是非最後までご覧下さい。


2017年4月23日日曜日

Lの発音 パート3 語尾のLは消えない、他

apple, peopleなど語尾にlが来るとカタカナ発音ではアポー、ピーポーと言うことがありますが実際はlは発音上消えているわけでなくしっかり存在しています。
またscloolなどのときにスクーォルのように聞こえることがありますがこのように直接lに行かずに遠回りする感覚が必要になることが往々にして起こります。今回のレッスンでは語尾の音がLで終わる場合の様々な発音パターンを、この遠回りする音の現象が起こる場合、起こらない場合の条件も含めて解説しています。
販売ページはこちらです。

2017年3月28日火曜日

Lの発音 パート2 後ろに母音を付けない場合

DL Marketでの発音教材 Vol. 35 の販売を開始しました。
前回のVol. 34 ではLの基本の出し方と後ろに母音が付く場合の音の出し方を学びましたが、今回は後ろに母音が付かない場合の音の出し方を解説しています。
例えばcoldを発音するときlからdに行く際に舌の動きはどうするべきなのか?ではchildrenやhelpのときはどうでしょうか? 舌や口の動きを忙しく感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。また動かしすぎることで余分な音が出てしまうこともあり得ます。是非この解説でlの正しい音の出し方をマスターして下さい。
販売ページはこちらです。

2017年3月26日日曜日

言えそうで言えない英単語:クロワッサン、アルコール、マンハッタンなど

すでに日本語として定着している英単語は色々ありますが、中にはカタカナで書かれている表記とは本来の英語の発音が違っているものが少なくありません。このビデオではクロワッサン、ツイッター、ヴィールス、アルコール、マンハッタン、ホワイト・レディーの英語発音を解説しています。
日常的に日本語として使っている言葉は英語を話すときもついカタカナ表記に引っ張られてしまいがちになります。またはカタカナなのだからそれなりに英語発音に近く、カタカナ読みしても伝わるに違いないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。このビデオで実際の音を確認してみてください。

2017年3月17日金曜日

Lの発音 パート1 基本の出し方、[l]に母音をつけた場合

DL Marketでの発音教材、Vol.34を販売開始しました。
Lesson 74では日本人にとって難しいとされる音の一つ、Lの音の解説パート1です。
まずはスタートの舌の位置を丁寧に開設しています。この位置が間違っている方が少なくありませんのでこの機会に正しい位置をマスターしてください。間違った位置でも似た音が出ることもありますが、後に単語、文章へと発展させたときにスムーズに話せなくなってしまいます。
また、love, luckyなどlのうしろに母音がついた場合の音の出し方を解説しています。日本語の「ラブ」「ラッキー」よりも英語は弾んだ感じで聞こえるのですが、どうやってこの弾んだ感じを出すかの練習です。
そして、LとRの聞き取り練習も入れてあります。lとrをしっかりと発音し分けられるだけでなく聞き分けられるよう練習してみてください。
販売ページはこちらです。

2017年2月15日水曜日

th パート4 strength, sixthなど様々なコツ、monthsなど後ろにsが付く場合など

thの解説は今回で最後です。

Lesson 72では語尾にthがあるときに最後に舌を外す方法を解説しています。またstrength、depth、sixth、tenthのように手前の子音によってそれに続くthの音を出すのが難しく感じられるであろう場合のコツを解説しています。

Lesson 73ではmonthsのようにthの後ろにsが来る際の発音方法を解説しています。さらにthとは関係がない単語ですがcloseは「近い」という意味で使うときと「閉じる」という意味で使うときで発音が異なります。これについて解説しています。

thはどれくらいハッキリと音を出すべきなのか、またはどれくらい小さい音でも認識してもらえるのかの感覚が慣れないとなかなか掴みづらいと思います。是非この機会にマスターして下さい。
販売ページはこちらです。


2017年1月17日火曜日

th パート3 語尾のth〜舌を外さない方法(様々なコツ)、語尾の無声音th〜舌をはずす方法

今回はthの3回目です。まずはLesson 70で序数の語尾についてを解説しています。例えば「50番目の」を意味するfiftiethは発音記号を見ると[fiftiiθ]と書いてありますがこれをフィフティース(最後のスはth)のようにティーと単に音を伸ばすだけだと実際とは違う音になってしまいます。ではどうすれば良いかをまず解説しています。
また、次にwith two cupsやbirthdayなどのようにthの後にtやdがあるときにどうやって音を出すかを解説しています。これらは正しいやり方で音を出さないとかなり忙しいことになってしまったり、さらには通じづらい音になってしまう可能性があります。
そしてLesson 71では語尾のthの舌をはずす方法を解説しています。Lesson 69で練習した舌をはずさない方法で発音しても通じる音なのですが、thがthとして伝わる音の範囲を知り、どうして人、場合によって聞こえ方が異なるのかを理解することは英語を話すことにも聞くことにも助けになると思います。
販売ページはこちらです。