2017年11月17日金曜日

Did she / Did you / and she / all sheなどの単語間の音のつなげ方/教材のご紹介

発音教材、小学5年生からの英語発音 Volume 41の販売を開始しました。
今回は「音と音のつなげ方 つっかかるケース(「チ」っぽくなるケース)」です。
Did she / Did you / and she / all sheを言うときに単語と単語の間で「チ」っぽい音が聞こえます。逆にそこが2つの単語にわかれてしまうと発音としては正しく出来ていないことになります。このレッスンではなぜこのような音が出るのかを解説しています。
また、疑問文でCouldの後にI, we, he, she, it, theyが続くときの間のつなげ方、Wouldの後のI, we, he, she, it, theyへのつなげ方にもちょっとしたコツがあり、これが出来るようになると変にひっかからずにスムーズに言えるようになり、楽に話せるようになります。

2017年10月31日火曜日

疑問文で語尾を上げられる? マクドナルド、コンフォータブルなど

以前にこちらの動画でマクドナルドの発音の仕方を解説しました。
これで肯定文のときは発音出来るのですが疑問文例えば、
Is it McDonald's? 
それはマクドナルドですか?
のときには語尾を上げる必要があります。このとき、どのタイミングで上げるべきかが掴みづらく難しく感じる方がいらっしゃるようです。同様のことは比較的長い音節の単語のときに起こりやすいようでマクドナルド以外にも
Is he Donald?
Is it comfortable?
などでも同様に難しく感じることがあるかもしれません。今回は動画でこれらの単語が疑問文で使われたときの言い方を解説します。

2017年10月24日火曜日

マジシャンの秋元正さんによる私の紹介動画

秋元さんは音感に頼り発音を身につけた方ではなく、膨大な練習と努力により身につけられた方です。歌手の人などは音の素養が高く、苦労することなく音を身につけることが出来ます(小川美潮さんの動画を見ていてもわかるように、ほぼ一瞬である程度の精度の音を出すことが出来ます)。

素養のある方はごく一部で、多くの方が苦労されることになるわけですが、彼は努力次第では教材だけで音をマスターすることが可能であることを実証してくれた素晴らしい見本です。

初めてお会いし時にビックリしたのは、当時に私が販売していた教材を全てマスターしており(現在の3分の1の量)、教材の中で述べている事も全て理解されていました。その日マジシャンであることにビビり断るつもりでしたが、この方を教えずして誰を教えるとお教えすることに決めました。その後動画の録画編集・HPや販売サイトの作成管理などを行ってお手伝い下さっています。

彼の素晴らしいところは、一度学んだ音は英語を話す時も崩壊しない程体の芯まで吸収されているところです。これって言うが易しで、普通はそこまで努力するのは厳しいものです。つまり慌てるとカタカナに戻ってしまいがちになる。なぜ彼がここまで身についているかというと、それにはマジシャンであるという彼の本職が大いに関係しているようです。ここでご本人に聞いてみましょう。


秋元さん
「マジックの練習をやっているとたった一つの動作に数週間から数ヶ月の練習を要することも少なくないので、そもそも練習に時間がかかることに慣れているというのはあると思います。慣れているから楽というわけではないですが、時間がかかるものだと受け止めています。その練習をどのようなつもりで行い、どこを目指せば良いかという練習の仕方が確立されているのは大きいかもしれません。
また、マジックでは、ある動作が出来るようになってもそれが気持ちの準備をして「今からやるぞ」と意識すれば出来るというレベルではまだ不十分で、身体が覚えていちいち最初にこうして、次にああして、と考えないでも動けるようにならないと演技の中で自然に見えるように使えるようになりません。発音も英語を話しているときに次にthの準備をして、次はrでと考えないと出来ないうちは話すことに集中できず、この点も共通点だと感じます。」

だそうです。ビックリでしょ?すごいですね!!(^^)


追記:今回のブログの内容に加え、FBにても秋元さんよりコメントいただきました。
併せて掲載しておきます。

「今にして思えばあの音の練習は大変だったと思える音もありますが、何かを習得する達成感で続いていたように思います。藤井さんによる、出来ないところからどうやって徐々に段階を経て出来るところまで持って行くかという練習方法が自分に合ってたのもあると感じます。

さて、発音が定着し、いちいち考えなくても音が出せるようになるとその分、話すのが楽になり、話している内容に集中出来るというのは当初は考えてもみなかった発見でした。

人が話しているときに手を動かすのは言葉の音的なリズムや抑揚に合わせて手が動くときと、意味に呼応して動くときがあります。自分の動画を見返してみるとHow good? Or how bad?のときに対比させるように手が動くとことか、focus onのときに手がそれっぽい動きをするとか意味に呼応して動く箇所があり、意識が音を作ることに持って行かれることなく、話の内容に集中できる余裕が出来たのだなと、そんなことを考えました。」 


2017年10月17日火曜日

小川美潮(みしお)さんとの発音レッスン風景

プロのヴォーカリスト小川美潮さんとの
初めての発音の授業をYouTubeにて公開いたします。曲目:Stardust

これまで美潮さんのことはよく存じ上げていたので、
ずい分前に英語で歌っている曲を聴いた時に、
「なぜ相談してくれないかなー?」と残念な気持ちでいたので、
今回相談をを受けたことはとても嬉しかったです。
また、ずい分とこの間(かん)独学で練習されており、
以前聴いた時よりは、はるかに上手くなっておられビックリしました。

今回はレコーディングが迫っている中の急な授業でしたが、
以来、学習を続けておられ、
これまで歌っていた英語の歌のブラッシュアップを行っていくつもりです。

授業では私が身ぶり手ぶり激しく、
みしおが微動だにしないのが印象的ですwww

でもみしお、ちゃーんとわかっています、よーく聴いています。
普通はあんなにサラッと出来ないです。
ものによると(音の種類によると)、数ヶ月というものも
サラッと言いのけておりますww  さすがです。
彼女の場合は教材を一切使う必要はありません。

今後もがんばりましょう。

2017年10月7日土曜日

カタカナで先入観を持たない単語

本日初めての生徒さん。
井頭 月(つき)さんと仰るジャズの方で、
今日授業をしてみて、ふむふむと思ったところはというと、
今日やった歌はサウンド・オブ・ミュージックのMy Favorite Thingsという歌なのだが、
その中に strudels(りんごを薄い生地に巻いたお菓子らしい)という単語がある。
この単語をこの方、スラッと上手に発音される。
ご本人いわく、
「この単語は初めて知ったので、最初っから英語の音そのものを聞きながら覚えた」から良い(発音できる)
とのこと。
いかにカタカナが障害になっているかってことだよね。
当たり前の、これまで中学校から習ってきたような単語の方がかえって苦戦する。
これはどの方にも言えることだろうと思う。
聞いた音をそのまま言うっていうのは、
私が想像している以上にはるかに難しいことなんだろうな。
でも、本日もまた実感。
音楽の方(この方も元々声楽オペラの方)は音のこと、よくわかっている。

2017年10月6日金曜日

音の聞こえ方に変化があるらしい。。。

今日みしお(プロのヴォーカリストの小川美潮さん)との授業。
久しぶりに音を聞いたが、なんとまあ、上手くなっている。
困難に困難をきわめたlittle,sadlyもきっちり制覇してきていて、
最初から無理だろうなーとあきらめていた私の度肝を抜くいた。
この間ちゃんとしっかり何回も何回も練習していたんだな。

なんか(みしおの話によると)ハッとわかるようになるらしい。
その辺のところの話をぜひ、YouTubeの私の動画で話して欲しいとお願いした。

先日初めてお会いした葛岡みっちゃん(この方も歌手)からも、
初レッスン後、「急に音が見えるようになる」的なお話を伺い、
みしおも全く同じことを言っていたので(ごめん、みしおになると急に敬語じゃなくなる、、)、
そんなに急に変化があるもんなんだーと(音の聞こえ方の変化は私には想像つかないことなので)
逆にどういうことか聞いてみたい感じ。
おそらく2名の方が、たった1回の授業のあとに「聞こえ方が変わる」というのだから、
多分そうなのだろう。

ただし、この2名の方。恐ろしく音感が良い。
なので一般の生徒さんにはあてはまらないかもしれないが。
でも音感の良い方なら、これぐらい一気に上達が見込める、という意味では、
ものすごく良いサンプル(失礼な意味じゃないよ)なのだ。

2017年10月1日日曜日

喜び 2

またまたなんと嬉しい話である。

本日高2の生徒が定期テスト前の英作文をかなりの量行った。
この生徒は中~高校英文法を4年間で終えているとても優秀な子なので、
出来て当然と言えば全く当然。


だが多くの英作文をいっぺんに解いたのは始めてなので、
不安で一問答え合わせするたびに『合ってる?』と聞いてくる。

私は普段合っている場合には何も言わない。合っていない時のみ、その箇所を指摘する。
何年も一緒にやっていてわかっているはずなのに『合ってる?』と聞いてくる。
それほど不安なのだ。


結果、ほぼノーミスで言うことが出来た。
これまで頭の中に取り入れてきた知識から、適切に取り出すことが出来たのだ。


彼に言った。
『君の言った英語は核になる部分で完全だ。安心して聞いていられる。
 その核がちゃんと言えないうちから、ヒラヒラと沢山表現を使い、
 英語がぐしゃぐしゃになっている人が沢山いる。
 表現の幅を持つことはあとでいい。それは増やそうとしなくても増えてくる。

 今日できたことは、英語を話す入り口に立ったのと同じこと。 

 英語を話すとは英語を自分の中から取り出してくること。
 そのためには一定量英語が正しく英語が入っていなければならない。
 暗記した文を沢山持っておく、こという意味では決してない。

 文法の構造および完全に使いこなす力、そこに表現を瞬時にのっけていく。
 まだ君は不安そうなので当面英作文をいっぱいやろう。

 問題集とかいらない。その辺のもの全部を英作の材料にすればいい。
 問題集がやっかいなのは正解が一個で、
 生徒は回答と同じでないと間違っていると思ってしまう。
 本来言い方はいくつもある。一個の正解なんて決まってない。
 そこは判断してあげるので、おばちゃんと一緒に英作文をやろう!!』

そこからついでに英語で彼に話してみた。若干ゆっくりめだが、ほぼほぼ普通に。
内容は今後の方針について。そしたら全部わかった。

彼に言った。
 『君はおばちゃん(私)と発音はやっていない(夏以降やり始めたばかり)。
  なので、今日君が聞き取れるのは100%文法力で聞いている。
  ディクテーションをしたらほぼ書けるだろう。
  君は音の細かいところは聞き取らなくても、
  英語はこういうものである、こういう言い方をする、ということを知っている。』

彼の友達でやたらめったら英語を話す子がいるらしい。帰国子女ではなく。
おそらく若い頃の私のように、とにかくバンバン喋るのだろう。喋ることに向いている。
 
彼はそうではない。
比較的無口でトツトツとゆっくり考えながら喋る。
英語で話す時もそれで良い。彼は彼なりで。
せっかく持っている英語を使わない手はない。

今後、英語で話す時間も授業に入れることにした。
授業内容は発音・英作文・会話 この3つ。
文法は全てクリア済み。長文は自分で出来ている。
 
このように受験のためだけでなく将来を見据えて学習出来るのも
高1までに全ての文法を終えてくれたおかげである。余裕がある。

本人も満足気。嬉しそうに笑って帰って行った。私も嬉しい。